ディズニーおうちごはんブログ「ベイクドポテト」

この記事は約5分で読めます。

こんにちは!マモジンです。

今日のおうちごはんは「ベイクドポテト」です。

「ベイクドポテト」は「東京ディズニーシー」の「ハドソンリバーハーベスト」というレストランで販売しています。

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
東京ディズニーリゾートでは、遊ぶこと、泊まること、食べること、ショッピング、すべてがエンターテイメント!東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの2つのテーマパークを中心とした滞在型テーマリゾートです。

低価格(450円くらい)なのにボリュームたっぷり。お酒のおつまみにも小腹が空いたときにもおすすめの一品です。

「ハドソンリバーハーベスト」の向かい側には「バーナクルビルズ」というワゴン?的なお店があって、そこでビールを買って、お店(バーナクルビルズ)裏手の桟橋で海を眺めながら「ベイクドポテト」を肴にビールを楽しむのがおじさんに人気のコースです。

カモメの鳴き声を聞きながら、キラキラ揺れる海を眺め。穏やかな日差し。ふわりと風が吹き抜ける桟橋で過ごす時間は、日々の疲れや悩みもすべて忘れさせてくれるような癒しをおじさんに与えてくれます。

さて。マモジンにたくさんの癒しを与えてくれる「ベイクドポテト」ですが。

お家でも味わえたら、もっと幸せになれる気がします。

というわけで、先日からおうちごはんで「ベイクドポテト」を試作中なのですが、とっても簡単だし、アレンジも自由自在なので、調子に乗って色んな「ベイクドポテト」を作っているうちに、もはや本来の「東京ディズニーシーのベイクドポテト」の味を思い出せなくなってしまいました。えへへ。

でも。とても美味しいのでおうちごはんブログにも上手に出来たメニューを載せてみようと思います。

今回は基本の「ベーコン&チーズ」のベイクドポテトを作ってみましょう。

より「東京ディズニーシー」の味を再現したいのであれば、じゃがいもは皮を剥かないでちょっと伸びちゃった芽や汚れがひどい部分だけ削れば十分です。

あと。あまり市場には出回りませんが「赤い皮のじゃがいも」を使うと見た目も本場に近づきます。

「アンデスレッド」や「シェリー」「ベニアカリ」などの赤い皮で、ホクホク感が美味しい品種がおすすめです。


マモジンの近所のスーパーにはあんまり置いてないので、今回は「キタアカリ」という甘くてホクホクな物を使用しています。


では早速作ってみましょう。

「ベイクドポテト」の材料(3人前)

じゃがいも   ・・・400g

ベーコン    ・・・80g

ミニトマト   ・・・お好みで(今回は5粒)

オリーブオイル ・・・大さじ2

にんにく    ・・・(皮を剥かない状態で)15g

ローズマリー  ・・・親指と人差指でひとつまみ

塩       ・・・1g

粗挽き胡椒   ・・・お好みで(今回は0.5g)

チェダーチーズ ・・・スライスタイプ一枚17g(無い場合はとろける系のチーズなら何でもOK)

「ベイクドポテト」の作り方

じゃがいもを切る

じゃがいもは綺麗に洗って、変色している部分や芽の部分を取り除くだけで大丈夫です。

皮が苦手な方は皮ごと剥いてしまって大丈夫です。

今回は皮もむきました。

切り方は自由ですが、一口大くらいの大きさにすると食べやすいです。

ベーコンを切る

ベーコンは薄めに小さく(厚さ2mm。縦1cm。横2cmくらい)切っておきます。

にんにくを切る

にんにくは皮を剥いて、お尻の部分をカットして縦にスライスします。

チーズを準備

今回はスライスチェダーチーズをミッキーの型抜きでくり抜いてみました。

スライスチーズは繊細なので型を取ったら、まな板の上で箸の背中等を使って少しづつ押し出して上げましょう。

優しくしないと、ミッキーの耳がちぎれます。


型を抜いて余ったチーズはそのまま細かく切って最後にかけてもいいですし。

耐熱容器に入れてチーズの半分量の牛乳と混ぜ、600wのレンジで20秒くらい(周りが沸騰するくらい)加熱してからよく混ぜると「チェダーチーズソース」になるので、最後に回しかけるとより一層お洒落です。

千切ったチーズのグラムの半分量の牛乳をいれて

周りが沸くくらいまで軽く加熱し、すぐにスプーン等で混ぜます。(チーズの塊をすり潰しながら)

しっかり混ぜたらとろとろの「チェダーチーズ」が出来ます。冷めたらもう一回軽く温めて溶かします。

にんにくを揚げる

冷たい鍋にオリーブオイル大さじ2を入れてにんにくを入れたら火をつけます。

鍋を傾けて揚げていきます。(弱火)

軽く色が付き始めたら鍋を水平に戻してじゃがいもを入れます。

じゃがいもを蒸し焼きにする

じゃがいもを入れて油と馴染ませたら、にんにくに火が通り過ぎないようにじゃがいもの上に置いてから、蓋をして5分間蒸し焼きにします。(弱火)

5分したら蓋を開けてじゃがいもをひっくり返します。蓋についた水分が鍋に落ちるとめっちゃ跳ねるので最新の注意を払って蓋を開けてください。

ひっくり返したら再びにんにくを上に置いて蓋をしてから5分蒸し焼きにします。(弱火)

ベーコンとじゃがいもを焼いていく

5分したら蓋を開けて(水滴落ちないように気をつけて!)ベーコンを投入します。

火を中弱火にしてじっくりベーコンとじゃがいもに焼き色をつけていきます。30秒焼いたら混ぜてを繰り返します。(5分くらい)最後にミニトマトを入れて、蓋をします。(中弱火のまま2、3分)

しっかり焼き色がついて、トマトの皮がクチュクチュになってきたら、仕上げに塩とローズマリー。胡椒を振りかけてよく混ぜます。

盛り付け

深めのお皿に盛り付けたら、チーズとチーズソースを掛けて完成です!

完成!「ベイクドポテト」

ミッキーのチーズが思いの外溶けるの早くて歪んじゃったけど。かろうじてミッキーって分かりますね!

カリカリのベーコンと、じゃがいも。お互いの旨味が絶妙に融合しています。

トマトの爽やかさも加わり、いくらでも食べられますね!

「東京ディズニーシー」の「ベイクドポテト」の再現は出来ているのか分かりませんが、少なくとも見た目は本物に近い感じがします!(ミッキーのチーズは本当はないですが)


わりと放置プレイでも出来るので、忙しいときでも片手間に作れて、子供も食べやすいのでおうちごはんにピッタリの逸品です。

我が家のちょま君も満足げな様子です。

ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!

次回は「チキン&チーズ」の「ベイクドポテト」にチャレンジしてみます。

では、また次回。夢の通り道!